新型コロナウイルス感染症について4度目の修正

37.5℃の体温が4日連続や高齢者・持病のある人の2日間が、PCR検査の条件から削除されましたので3度目の修正を行い、お近くの保健所ではなく「帰国者・接触者相談総合センター」に統括されましたので、4度目の修正を行いました。

聴覚障がい者への情報保障について、福井県に「緊急要望書」を提出し、「帰国者・接触者相談総合センター」へのファックス相談票が県障がい福祉課のホームページに掲載されました。

しかし、FAXで相談した結果、指定の病院へ行くよう指示されても、手話通訳を派遣すると通訳者が感染する恐れがあります。

全日本ろうあ連盟と日本手話通訳士協会と全国手話通訳問題研究会が、聴覚障がい者情報提供施設等に「遠隔手話通訳」システムの整備を要望し、福井県では指定医療機関6か所にQRコードを配置し、自分で持参したスマホやタブレットで読み込み、手話通訳センターを通して医師との会話を通訳することができるようになりました。

㈱プラスヴォイス(8:00~21:00 土日、祝日も対応可能)

福井県聴覚障がい者センター(9:00~17:00 火曜、日曜、祝日は休館)

下の赤い色の画面をクリックして手話ビデオをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症検査手話通訳福井

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症対応遠隔手話通訳の流れ

 新型コロナウイルス遠隔手話通訳02.8.20

 

ファックス相談票は下の青い文字をクリックしてダウンロードしてください。

〔改正〕新型コロナFAX相談票

 

福井県緊急事態宣言の追加

下のグリーンの画面をクリックすると、変更した新型コロナウイルス感染症対策改訂版の手話による説明動画をご覧いただけます。

  

関連記事


  関連記事はありません